日岡山公園Fan            日岡山展望台より

日岡山公園Fan
menu


バックナンバー
第一回 日岡と氷岡
第二回 鹿児
第三回 新井疎水
第四回 日岡山古墳群@
第五回 日岡山古墳群A
第六回 城山
第七回 加古川線が走る街@
第八回 加古川線が走る街A
第九回 曇川の流れに@
第十回 曇川の流れにA
第十一回 西之山
第十二回 美乃利
第十三回 篠原町
第十四回 養老
第十五回 旅人たちの目じるし@
第十六回 旅人たちの目じるしA
第十七回 旅人たちの目じるしB
第十八回 日岡山神社の伝説@
第十九回 日岡山神社の伝説A
第二十回 日岡山神社の伝説B
第二十一回 もう一つの展望台
第二十二回 古の港@
第二十三回 古の港A
第二十四回 古の港B
第二十五回 天空への階段
第二十六回 海と川の境界線@
第二十七回 海と川の境界線A
第二十八回 升田
第二十九回 船頭
第三十回 加古川宿界隈を歩く@
第三十一回 加古川宿界隈を歩くA
第三十二回 加古川宿界隈を歩くB
第三十三回 加古川宿界隈を歩くC
第三十四回 加古川宿界隈を歩くD
第三十五回 加古川宿界隈を歩くE
第三十六回 加古川宿界隈を歩くF
第三十七回 加古川宿界隈を歩くG
第三十八回 加古川宿界隈を歩くH
第三十九回 加古川宿界隈を歩くI
第四十回 加古川宿界隈を歩くJ
第四十一回 加古川宿界隈を歩くK
第四十二回 加古川宿界隈を歩くL
第四十三回 加古川宿界隈を歩くM
第四十四回 安楽寺の関東震災横死供養之碑
第四十五回 粟津
第四十六回 加古川宿界隈を歩くN
第四十七回 加古川宿界隈を歩くO
第四十八回 加古川宿界隈を歩くP
第四十九回 加古川宿界隈を歩くQ
第五十回 加古川宿界隈を歩くR
第五十一回 加古川宿界隈を歩くS
第五十二回 平荘湖@
第五十三回 平荘湖A
第五十四回 平荘湖B
第五十五回 加古川宿界隈を歩く21
第五十六回 加古川宿界隈を歩く22
第五十七回 加古川宿界隈を歩く23
第五十八回 高架下の供養仏


第五十九回:平荘湖(へいそうこ) C―本岡家住宅―

平荘湖の北東、図書館などが併設されている総合的な健康づくりの施設「ウエルネスパーク」から徒歩5分ほどの距離に「少年自然の家」があります。木々が繁った敷地内の一画、野外活動センターのなかをしばらく歩くと、自然の風景を背景にした古民家が眼に届きました。江戸時代の大型民家の基準建築として、昭和44年3月に兵庫県の有形文化財として指定されている「本岡家住宅」が移設されていたのです。
 平成6年までは、加古川左岸の同市八幡町下村に建っていましたが、翌年には本岡篤信氏から加古川市へ寄贈されました。解体調査後の同10年に総事業費1億4500万円を要して移築されたのです。
 代々、庄屋を務めてきた本岡家の建物は、江戸時代の元禄7年(1694)、本岡嘉平治が当主のころに船町(同市八幡町)の大工・八左衛門により建てられたと棟札には記されています。
 入口の左側が部屋になります。「田の字」型に下屋部分の2部屋を加えた6部屋には「神の間」「奥の間」「よりつき」「中納戸」「台所」「奥納戸」など各々の名称があります。壁の二段の貫(ぬき)は元禄時代の粋を表現していると言われます。
 奥の間だけは畳が敷かれ、同じ形で床(とこ)が二つ並んでいるのは珍しい意匠だとされています。解体調査をしたところ、元禄ごろの民家と同じく中納戸に突きだして北方から南方へ向けて仏壇が造られていたと分かりました。「神の間」に小さな縁台が付くのも特徴があるといいます。
 玄関を入ると土間(どま)が広がっています。かつて重宝していた唐箕(とうみ)や石臼(いしうす)、農耕具などは寄贈された民具が展示されています。じっくり眺めていけば、どこかで見た記憶のある懐かしいものと出あうかもしれません。
 敷地内には、同市平荘町池尻の町内会から寄贈された救助船「水防飛来船」が保存されています。加古川が氾濫したときに人命救助で使用されたものです。船尾には「明治24年11月21日」に建造したと墨書(ぼくしょ)があります。昭和20年の終戦の年が最後の使用になったようです。
 一般公開されています。毎日ではありませんので、日時などを問い合わせたうえ平荘湖周辺の散策や「ウエルネスパーク」へお出掛けの際には是非とも立ち寄り見学されてはいかがでしょうか。自分の眼で確かめれば何かの発見があるかも知れません。
                                       201800417 岡田 功(加古川史学会)


少年自然の家

 本岡家住宅