加古川緑花クラブとは

加古川緑花クラブサイトmenu


特定非営利活動法人加古川緑花クラブとは


概要
 平成14年4月から実施されている 市民と行政との参画と協働による花とみどりを介して、潤いと安らぎのあるまちづくりを推進するリーダーを養成するための「花とみどりの街づくりリーダー養成講座」(加古川市公園緑地課主催)を受講した終了生が中心となり立ち上げ平成17年12月に設立したNPO法人です。
 市の支援を受けて園芸に関する知識と技術を学び、レベルアップを図りながら市内の公園・公共花壇等の植栽及び管理を行うことで、緑化活動を地域に定着させ、「花とみどり」を通じて、街づくりの実現に貢献しようとするものです。

活動内容
・花壇の植栽と管理
 街かど花壇は、リーダー養成講座受講時に手掛けた花壇で、継続してその植栽と管理を平成18年度〜平成20年度まで加古川市から、(財)加古川市コミュニテイ協会を介して受託、平成21年度からは加古川市から直接受託し実施している。 
 花壇の紹介は、加古川緑花クラブの花壇のページも参照下さい。
  (1)平野交差点東花壇
  (2)平野交差点西花壇
  (3)加古川駅北街路花壇
  (4)加古川駅南花壇
  (5)良野南交差点東花壇
  (6)東加古川駅北広場花壇
  (7)溝の口花壇
  (8)サンライズ花壇
  (9)神野駅北広場花壇
・会員の能力向上、親睦を深めるための活動
 (1) 研修バスツアー
     平成19年10月4日:宝塚イングリッシュガーデン、人と自然の博物館他
     平成20年10月29日:但馬高原植物園、木の殿堂、他
     平成21年6月10日:淡路成ケ島、高田屋嘉兵衛記念館、淡路島公園
    平成22年6月2日:鳥取花回廊、蒜山ハーベG
    平成23年6月1日:咲くやこの花館、服部緑地 他
    平成30年6月6日:但馬高原植物園、(予定)
 (2)各種会員の技能・能力向上の勉強会
   @ 寄せ植え、Aしめ飾り作り、B布ぞうり作り、C講演会(花壇作り、花壇管理)
   D 花苗部の創設(H21/6):花苗の育成(種蒔き〜育成)、他

「花とみどりの街づくりリーダー養成講座」への参加・協力・講義への参加

花と緑のフェスティバルへの参加・協力

・各種団体との交流会実施

・日岡山公園ボランティア活動
 (1)公園内のコバノミツバツツジ周辺の下草刈り、展望所近辺の剪定・雑草刈り、コバノミツバツツジへの札付け(本数把握)、道案内作り、他
 (2)会員が中心となった「リーダー養成講座」修了生のOB会での、公園内花壇等の植栽・管理、等

・機関誌「花通心」の発行
 創刊号:H19/11、第2号:H20/6、第3号:H21/1、第4号:H21/8、第5号:H22/1、第6号:H22/8、 第21号:H30/1

・日岡山公園への係わり(現状)
 現状当クラブとして、直接的な係わりはなく、リーダー養成講座のOB(当クラブ会員が大半を占める)として、リーダー養成講座受講時それぞれが係わりのあった場所(「ロックガーデン花壇」、「三角花壇」、「フロントガーデン」、「エントランスガーデン」、「はなさと瓦涼」、「こもれびの丘」、「さえずりの丘」、「市松の庭」、「ハーモニーの丘」、「ひだまりの丘」「志」の管理等を行っている。
なお、本年4月末まで「いこいの広場花壇」の管理等を行っていた。(詳細下記の通り)
 これらは、いずれも継続することが必要であり、現在は加古川市公園緑地課(いくびょう園)が窓口となって、各団体(OB会)がボランテイア活動として実施しているが、いずれの団体もNPO会員が多数を占めている。
 (1)ロックガーデン花壇=1期生有志(取りまとめ者:楮山)
 (2)三角花壇=2期生有志
 (3)日岡山野球場花壇+プランタ=2期生有志
 (4)フロントガーデン=3期生OB会(取りまとめ者:関⇒NPO理事)
 (5)はなさと瓦涼=4期生OB会(取りまとめ者:田中⇒NPO会員)
 (6)こもれびの丘=5期生OB会(取りまとめ者:政田⇒NPO会員)
 (7)さえずりの丘=6期生OB会(取りまとめ者:青木⇒NPO会員)
 (8)エントランスガーデン=6期生OB会(取りまとめ者:廣利、野中⇒NPO会員)
 (9)市松の庭=7期生OB会(取りまとめ者:増田⇒NPO会員)
 (10)ハーモニーの丘=8期生OB会
 (11)ひだまりの丘=9期生OB会
 (12)ひだまりの丘・志=11期生OB会
  本年3月末で、これまで加古川市(公園緑地課、他)との窓口であった((財)加古川市コミュニテイ協会がなくなり、加古川市が直接管理することとなっているが、実際の維持管理は、前記したごとくリーダー養成講座の修了生がOB会として実施している。従って大半の方が当クラブの会員であり、今後当クラブとして全体を統括する方向で、また、日岡山公園の美化活動の一環として積極的に係わって行くこととしたい。
 日岡山公園花壇の紹介は、こちら