加古川緑花クラブサイトmenu

戻る

ホームへ

2016年10月3日 朝日新聞より

アート体感 かかしが”ご案内”

 加古川・日岡山公園

 加古川市加古川町大野にある日岡山公園が今月、アート の楽しさを体感 できる場に変わ っている。同公園を拠点に活動しているNPO法人 「加古川緑花クラブ 』が「日岡山 パブリ ックアート展」を企画。市の 「花とみどりのまちづ くリリーダー養成講座」の受講生らが協力した。

「 森の秘密基地」 づくり体験して

 30日まで土曜、日曜を中心 に、アイアンアート作品の展 示 (8?1 0日)、チ ェーンソ ーアート実演 (1 5ヽ ・ 6日)、 壁画制作の実演 (2 2ヽ 2 3日) などを予定。 「森の秘密基地」づくり、 本 エク ラ フト 、綿 つむ ぎな ど、体験型メ ニューが多いの が特徴だ。参加費が必要な催 しもある。 会場のあちこちには、手作 りした 「スーバーかかし」1 5 体を配置して目印にしてもら う。加古川緑花クラブのメン バーが、着られなくな った衣 料や廃材、 ヘットボトルなど を使 ってこしらえた。 「 恋人のサークルツリー」 は、新郎新婦の装いをしたか かしがベンチに腰掛けて出迎える。見上げると、本々の葉越しに空がハート形に見える という。 「いこいの広場」に布や木 などを用意。参加者が思い思 いの 「秘密基地」をつくる。 目印のかかしは杖を手にした 魔法使いだ。 クラブのメンバーで養成講 座を担当している安尾昌子さん( 6 8)=明石市=は 「 日岡山公園の魅力に気づいて、家族 や友人同士で訪れるき っかけ になればうれしい」と話して いる。 週末は公園入り口近くに屋 外の 「喫茶テラス」が開店す る。同展 の問い合わせは事務局 (079 ●426 o655 3) へ。

(梅原豊)



2016年10月18日 読売新聞より

風と 木々 公園アート

加古川市加古川町の日岡 山公園で、自然環境を利用 した芸術作品を鑑賞できる「日岡山パブリックアート 展」が開かれている。3 0日 まで。 日岡山公園を拠点に、「 花 とみどりの街づくリリーダ ー養成講座」を運営するN PO法人 ・加古川緑花クラブが主催。園内には、木々
を柱にして布で囲った 「風 のトンネル」や、環状に植 えられたヒスキに布を巻き 付けた内側に、かかしの″ 新 婚カップル″を置き、その 上空の葉のすき間がハート 形に見える 「恋人のサーク ルツリー」など、植物や自 然の景観を生かした作品を 展示している。
同クラブ顧間の安尾昌子
さんは「自然にふれながら、 芸術を楽しんでほしい」と 一 話している。問い合わせは同クラブ事務局 (079 o 426 o6553)へ。



2016年10月23日 朝日新聞より

愛」 あふれる外壁にアート

日岡山公園 ・展望所広場

  加古川市加古川町大野の 日岡山公園内の展望所広場 で22日、使われなくなった 小屋の外壁 をアートで飾る 壁画制作が始まった。
市出身の画家、久保田裕 美さん( 3 4)が水性ペンキを 使 って描き込んだ。壁面は縦、横とも2厨強。 久保田さんによると、壁 画のテー マは 「愛」。中央 に赤、オレンジ、クリーム など、色とりどりの大きな 花びらを配し、あちこちに ウサギやタヌキ、ブタ、カ エル、チ ョウ……がぃる。
2 3日に完成する予定だ。 公園で開催中の 「日岡山 パブリ ックァート展 」 (3 0 日ま で) のイ ベ ント のつ。主催するNPO法人 ・ 加古川緑花クラブの坂元 稔 さん (75)は 「 画面からメ ル ヘンを感 じます。公園 の新 しい人気 スポ ットになるか
も 」。問 い合 わせは事務局 (0 79 o426 ・6553)